まさか静電気?2018年05月26日 21時05分

急転直下#1803アップデート成功! した模様です。

昨日#1803アップデートに失敗し、
PC本体の除電の指導があったあと
様子見に移行していましたが、

今朝、家庭内PCサポの協力で
何度目かのトラブルシューティングにいそしんでいると、
突然アップデート#1803のダウンロードが始まり、
”今すぐ再起動” が必要となりクリックすると、
再起動後なんとインストールに移行しました。

時間がかかりそうなので作業進行に付き合わず、
エディオンの引っ越し開店など冷やかしに出て、
PCの延長保証5年(最強です)を確認だけして、
帰宅すると更新が終了したようで、

起動時のなつかしい更新の設定を見ながら、
わくわくしながら待ちました。

直前まで再起動待ちで渋滞が起きていた、
数軒の#1709更新プログラムは履歴から消え、
バージョン 1803 の機能更新プログラムと、
バージョン 1803 のセキュリティ更新プログラム、
それぞれインストールを完了しました。

このことは概算見積りが出ていた修復費用、
約¥50kがかからなくなったことであります。

結局除電が効いたということなのでしょうか。
除電とはPCの残留静電気除去のことで、

電源を切って電源プラグを抜き、
接続中の周辺機器の結線を外した後、
本体の電源スイッチを20回ほど空押しする。
というものでした。

お祝いということではないですが
金粉つきの白エビ軍艦もりはいかが?

とくに関連はないですが
カット代わりの栗の花、一か所だけにイガが育つ?


足が棒2018年05月25日 21時45分

当然、今日ではなく
散歩の出がけに外を見ると、
なつかしい雲がわいていたのでスマホで。

一回りしてカイツブリの池に通りがかり、
その場はばたきを見る。

画像は今日ではないのですが、PCで少し進展。
メーカーサポートに電話したら、
リモートでサポートしていただき、
色々試したのちに、
windows10上書きインストールが、
81%進んだところで再起動不能で断念。
時間を経過した後別な担当さんに続きを依頼、
静電気除去を勧められると再起動可能に。

これでアップデートも更新OKかと思ったら、
どうもアップデートに失敗するようで、
日を変えてもう一度サポートに聞いてみましょう。

ふえた?2018年05月22日 21時52分

特に何もなく散歩を終わろうと歩く緑道は、
ドクダミの天下かと勘違いします。

「今年は八重が抜かれている」
と盛り下がって歩いていると、
「あれは?」という連れの声。

群生には程遠いながら、
かなりな比率で八重が混成(が適切?)しています。

300mmで日当たりのよいところを横から

一方、ハワイ島行きまでひと月を割ったころ、
HISから書類が届き、いつもより早いと感心。

そのハワイ島ではキラウエアの頂上カルデラで、
爆発的噴火が2回起き、噴煙が高く吹き上がったり、
東側低地の割れ目地帯では噴火が続き、
16あった亀裂が20へ増え、
とうとう2本の溶岩流が海へ到達し、
溶岩海水に触れ水蒸気とガスが噴出しているようです。

火山公園閉鎖が解かれるかどうか気をもみます。

みなとの見える2018年05月21日 20時53分

実は去る15日
山下公園から坂を上がり
10時を回ったころの到着でした。
(散策の終わりにソフトクリームをいただく手順なので。)

このような赤と白は普段手を出さないのですが、
事前にPLフィルターを仕込んでいました。

以降全編PLフィルター縛りとなります。

開花情報どおり進んでいました。

一年たつとだいぶ上まで育ちました。

ちょっと気になる咲き方だったので。

訳あって上だけです。

このボケ方がせいいっぱいで。

これでもかとつつじは言いました。

黄色もいつもは避けていました。

背景におんぶ。

離れて撮り切り取って花全体を見ます。

これは本来炎天下では無理な配色。

黒真珠の傷みは進んでいませんでした。

ディズニーの名前がついていました。
ブーケみたいでです。

みなとへ2018年05月17日 22時15分

近隣のバラスポット情報の
軒並み ”見ごろ” につられました。

目当ては丘の上なので車を止めて、
いつもの坂道を下りますが、
たしか普通の民家だったはずがお犬様向けに。

山下公園のいわば裏口からおじゃま。
通行人が一人映っているのも味か。

思い切って低速シャッター。

10時前なのでイベントを控えた準備中。
しばらくマリンタワーにお付き合い。

負けず嫌いのバラでした。

むりやり映り込みを図り。

ずいぶんバラの花が回りました。

ランドマークを従えて、
みらいのバラ園という触れ込み。

はい氷川丸は今回ぼかして。

冬とは全然違う趣き。

元町の駅舎屋上から。(これだけ20-35mmで)

風のせいでかすみが若干晴れた?

イングリッド・バーグマン種の赤が恋しく。

イギリス館の2階を拝借。

雨上がりの淡い色2018年05月15日 23時22分

明け方まで比較的強い雨足だった日。

なにか特別な雰囲気に足を止めました。
周りは蝶の大群それも優雅というより、
ぎこちない羽ばたきの。

一斉に羽化したかのようなノリ、
100mmに換えれば、
もう少し画角が確保できでしょうか。

にごった池で出待ち中の
カワ友さんがたにあいさつして散歩続行。

とりあえず撮っとけのただのコケ。

思い立って特別なバラの花壇へ

少し遅れたかと思いながら、
大敵のピーカンを恨みながら寄ります。

水滴がまだ乾ききっていないのがまた何とも。

花びらがまだ痛んでいない個体もちらほら。

特に悲しいわけでは無いですがなんとなく。

シルキーピックス(お試し中)には
ペンタのほこる(?) ”ほのか”はないですが、
なにかうすらぼんやり撮れまして。

ただひたすら明るくなってください。

寄り道ほどでは2018年05月14日 21時25分

自宅を出てまもなく、
甘い香りに誘われて。

しべに寄ります。

白と黄色の違いは時間?

花壇に吸い寄せられ天ぷらかと独り言。

ちぢこまってまとまって。

まさかドクダミとは。

踏まれそうな高度。

もう少し開いた方がよかったか。

むにょっとし質感が(虫ではなく)。

小さなリスク2018年05月10日 22時02分

心配のハワイ島は
イースト・リフト・ゾーン(東部割れ目帯)の溶岩は、
足踏みながら油断は禁物状態のようす。

一方閉鎖されている、
公園内頂上付近のハレマウマウ火口では、
溶岩湖の水面が著しく下がっていることから、
数週間内に水蒸気爆発が起きる恐れも指摘され、
6月はその噴煙をおかずにディナーとか、
火山一体のオヒアに集うアパパネ・ウオッチングとか、
2件の現地ツアーを組んでいる我が家にとっては、
心配が解消されませんがまさかのプランBか。

そのハワイ島行きの際、
何度か経験したJALでの移動で感じたのは、
イヤフォーンで耳が圧迫され快適ではないことで、
(デルタは持ち込みのものを使用可でした)
たまたまネット検索でアダプターの存在を知り、
本体100円以下の危険な品に手を出しました。

見たところ金色あるいは金メッキのようで、
樹脂成型の精度も悪くはなさそうです。

100円以下と言っても
別途メール便相当の送料がかかり、
なぜか二人分注文だと送料が2倍以上となるため、
注文を分割する必要がありましたが、
しばらくして届いた封筒には2ケ入っていました。

身の回りにチェックできる家電が無いので、
火山の動向とは別なわくわくどきどきがあります。

カメラより集中2018年05月07日 20時55分

まるで会話しているような、
写りを確認する姿であります。

というのも
バケーションパッケージ(通称バケパ)の、
6か月前予約で午前11時から受け付け開始でした。

春から初夏の予定は見送っていましたが、
ハッピーエントリー15 が今年度は継続と決まり、
ミラコスタ再訪ねらいとあいなりました。

アクセスはPC2台で臨むも、
これがまたほぼ繋がらずという強烈な混み方。

やっと繋がったころには、
案の定ミラコスタの空き部屋は皆無となり、
戻ったり繋げたりを繰り返すこと十数分、
ヴェネツィア・サイドの1F庭付き部屋をゲットでき、
一応予約終了しましたが未知の部屋なので不安。

1日前の残りに走ったりしながら、
なおも本命日をトライ続行すること小一時間で、
ハーバー前広場を横から見る部屋が偶然空き、
慌てて予約、当然本命外の部屋キャンセルで。

しかし一体どんな爆速PC環境の方々が、
いち早くアクセスして予約を決めているのでしょう。

当方首をかしげるばかりなり。

色違い2018年05月05日 21時14分

ハワイ島の南東地域は、
地震も続いているようです。

タイチョー情報によると、
直接の危険はすくないと思われる、
キラウエア火山公園の入り口ゲートは閉鎖され、
ゲート内の各施設は見学不能ということで、
対象地域のツアーは変更で大変ですね。

一方こちらも散歩が一部変更となり、
ちょっと前から土曜日に催行(ツアーなみ)です。

エゴも明るめに

超前ピンで予想外の花粉撮り。

光を拝借

場所を変えて色違いの様子をみます。

やはり透かして

いつものこの種類のハチ?