クレストさん応援歌2019年10月20日 20時29分

ホテルを出て4時間ちょっと
車窓にはそろそろヒロの港が見えてきました
前の方でぼそぼそと局地的ガイド中のケビンさん

こんなに天気の良いヒロの風景は記憶にないです

ひたすら生産しては店舗に並びます
チョーレートディップが特徴

多くのツアーでごった返しのクッキー店
ビッグ・アイランド・キャンディーズでした
直後にちょっと避けたいほどの雨が

ということは近くに虹
出発してすぐ虹の見送り

途中フロントは雨にたたかれましたが
山の天気は大丈夫か

公園ゲートからほどなくスチームベント
ここから先の展望台と博物館はクローズ

西日が傾いて独特な光加減

前からやってきたのはクレスト重鎮のコージさん
なんと見習いガイドさんの育成中
名乗って手を差し出し
やあやあハワ恋に出てましたねと
実は他のツアー参加中に出あうのは3度目
広くて狭いハワイ島

ハレマウマウの陥没で
まるで景色が変わってしまった火口
左手前の白いのは蒸気です

振り返ればなかなか見もの

一人で悦に

ランであることはわかりますがそれ以上は
タイチョーのFBには
バンブー・オーキッドとありました

道路の反対側奥にも蒸気が見えます

ケビンさんが「溶岩樹が見るところへ行きます」
周りから「ヨーガンジュって?」
「溶岩に覆われた樹木が
 内部の水分で燃え残り崩れなかったもの」
という説明があったかどうか

典型的な姿が写せません12mmで迫力だけ

溶岩樹形のつもりで
もうちょっと背の高い見本が必要でしたが

海を見下ろす溶岩大地の斜面に放牧されました

足場を気にしながら強風をよけられる
食事しやすそうな思い思いの場所を確保します

以前は大盛りミート-ボール弁当でしたが
業者を変え食べやすくなりました
手前のスパムのようななのはなんと魚でした

強めの風を受けながら
ダイナミックな風景をおかずに弁当
敬遠する人もいますが
暮れ行く溶岩台地で食べる弁当も格別

何年か前は
この先をずーっと走り下った場所で弁当タイムでした
ここまで来るとケビンさんには前に会っている確信
マウナケア山頂と星を専門にしていたか

広さを伝えるために青年を借ります

出るのは深呼吸かため息か

30分ほどで出発
もうすぐ山の日没
計算外の上空の月

マウナロアは西日を吸い込みそう

実はこの後1時間半ほど走り
マウナケア山麗で星空観測でした
新月から4日目の月が結構明るいものの
ケビンさんの名演でそこそこの星空ショー
なんだしゃべれるじゃんてな感じ

明るいのと場所が狭いのとで
アストロ・トレーサーは不発でがっかり
帰国後に確認したらカメラの設定ミスが発覚
どちらにしても撮れてようで

ホテルについて終了ですが
同じホテルのグループが他に2組おられたので
どさくさで「ありがとうございましたあっ」と叫び
用意したチップはポケットに入れたままでした

ハワイ島啓もうツアーにいそしむクレストさん
初めて訪れた方たちには良い思い出を
また来たい人たちの背中を是非押してあげて

久しぶりのクレストさん2019年10月18日 19時45分

あれは2010年、
2度目のハワイ島観光の時
タイチョーがガイドに付いたナイトツアー
近くには別動隊を率いた故宮崎さんもいました

この風景(カラパナのオーシャンエントリー)をはじめ
ハワイ島に惹かれてガイドになった経緯
ハワイ島の多くの魅力を吹き込まれ
リピーターとなりました

訪れた人にまた来てもらおうと一生懸命
ビッグ・アイランド・クレストさんはそんな会社

そしてあとを継いでおられるコージさん、
今日は久しぶりのツアー参加で、
もしかしてコージさんか

最近車が増えてフォードがベンツに変わったり、
台数が増えたりで変化があるようです。

11:50と言いましたが11:15分の間違いで
11:14にやってきたのはケビンさんという、
年齢も含め印象がタクシードライバー風のガイドさん。

初対面がなーんかブッキラボーの見本
だてにツアーをはしごしていない直感
得体のしれないザワザワ感

ホテルをまわり席が埋まったら
前日のスポットであるオーラの洞窟です。
(最近の定番スポットになったもよう)

今日はほぼ真上から照り付ける時間で
ツアーの車がかち合っています

2度目は落ち着いて風景を
広さを強調するために人が入ります

あまりしゃべらないケビンさんが
急にしゃがみこんだと思ったら
「8月の誕生石ペリドット」 
「南のグリーンサンドビーチはこれ」 で納得

地区名のマウナラニだけ残っていますが、
帰国後調べたらホテルの改装は進んでいて
2019年末にはLグレードのホテルとなるそうで
「Lグレードでは無縁だな」と独り言

さて車は島の東北をめざします
ケビンさんはおとなしい人です

車窓の景色ですが気にかかりまして

1時間ほどで
晴れて良かったワイピオ渓谷展望台でパチリ

前日反対側から見たここです

振り返ると狭い駐車場
混んでいて駐車に手間取ったケビンさん
はい写真撮りますで終わり
ガイドらしいガイドなしでポカン

ケビンさんは言いました
突然KONAコーヒーの話を始めると
日本人にはKa'uコーヒーが合うようだとか
実は車に積んでいますので
$20(ちょっと安い)で良ければ変えます
(なんだしゃべれるじゃん)

ホノカアの映画館で上映しているのは
「ワイルドスピード4作目」と
新作の「ピーナッツ・バター・ファルコン」
(うちで調べました)

しかし良く晴れたホノカアは素敵で

13時半ごろ下校?
この町にこんなに子供たちがいたとは

各ツアー定番のTEX
自分で調べた看板の意味は
「あのおいしいやつ」という感じなんでしょうか

ボリュームのあるプレーンマラサダ1個付き
朝食をたっぷり摂ったので夕方まで持ちます
おいしいので機嫌が直りました

谷を急カーブで回り込む
ということは前日飛んだしわしわの谷、納得

小さなホノムという町の風情
青空はいうことなし

ISHIGOさんは健在

ツアーの多いアカカの滝です
現場へ下っていきますが人の小さいこと

アリになった気分

遠くでケビンさんが局地的ガイドをしています
こちらは勝手に撮るだけ

ケビンさんが落差130mで一番高いと、
昨日のは200mだったなと妻と顔を見合わせる

雨が多く気温が高いので植物の生育が半端なく

ガイドなしでも気持ちが良いので免じますか
私は後席の私語が気なって思わずプチ切れ
照れ隠しに車窓スナップをバシャバシャ

車はヒロへ近づいてきました

鳥は降りて散策2019年10月16日 19時42分

生涯初のヘリコプターは
昨年の溶岩流を見られなかった後悔と、
新たな感動がありました
風になるというよりも鳥になったと言うべきか

料金は一人およそ地上のチャーターツアー1日分です
予定は2時間(今回は3時間)なので
日本国内では考えられないほど安いかなと

今回は天候のせいで
キラウエアの上は飛べなかったので
何年か後にはやり残しを解消しましょう

良いことが続いた一日は
夕方の空も答えてくれそうです
日没は雲に入る事が多いですが
今日は水平線にきちんと入りそう

最後のワンカットは20mm付近で
グリーフラッシュ狙い

ファインダー越しには緑に光ったような
でも拡大するとちょっと無理がありましたか
文句を言ったらバチが当たるほどのきれいさ

買いこんできた寿司で夕食
(変わり映えしないので写真なし)
思えば夜中の1時からずーっと活動していたので
爆睡の域に

おかげで早めに目が覚めたのです
マウアナケアの朝日を思い出し
もしやと思い表に出てみました

予想外マウナロアから日の出でした

12mm三昧
日の出を背負ったので
映る自分の陰は三脚状態

波のような溶岩
以前らくがきに使った白い石かも
左奥の山は晴れるのが珍しいフアラライ
目が覚める

起き抜けのフィッシュポンド

クーポンで7:30ごろから
時間をかけてゆっくり朝食

目を離すとすぐに
食べ物目当てに寄ってくのは多くのスズメ
スタッフが設置した翼長1mほどの巨大フィギュア
スズメに混じってやってくる
カバイロハッカ(コモン・マイナ)似
実際は体長20センチちょっとなのででかすぎ

効き目があるようには見えません

ツアー出発まで時間があるので周辺を散策
早朝の分とは違い20mmだと趣きが変わります

浜辺で12mmを使って見たかったのです

正面は魚眼が必要なので断念して右側

ヤシを入れると目が回りそうな絵に

太陽を見たくなりました
この光芒

やはり楽しい
雲があればもっと

あまり暑いので
時間を余らせて退散
部屋の近くで振り向いた図

ツアーお迎えが11:50なので
掃除は12時からにしてもらい
部屋でのんびり待機です

ブルーハワイは風になる2019年10月12日 20時53分

二本立ての話の続き
トモさんと別れたて部屋に帰ったのが朝9時ころ
クーポンが効く朝食に十分間に合う
朝食付きはありがたい

しばし休憩して
11:20のピックアップを待ちましょう

ブルーハワイアン・ヘリコプターズ直々のお迎え

先客一組ヒルトンか
(後で訊いたらヒルトンでもコンド棟だそう)

テラスで安全講習のビデオを見ながら待機

次々と先発隊

パイロットのトシさん登場(唯一の日本語使い)
4点シートベルトをして頭にヘッドフォン
付けてびっくりBOSEのノイキャンでした
ヘリコプターでの会話には必須でした
前列真ん中と右はお客さん
東海岸のマサチューセッツから風らしい
フォーシーズンズへお泊りだそう
(思わず<お>がついてしまいます)
前列は100ドル増しだそうでいつか機会があればね

ヘリ搭乗には制約が多く
帽子NG、バッグ類NG(ウエストポーチも)
水とカメラ・スマホのみOK
交換レンズの携行ができず
28mmからのズーム縛りとなりました

そうこうしている間にヘリは
ホバリング状態で除飛行
ワイコロアビレッジが見えました
(良く通りますが上から見るとコンパクト)

右下はハプナリゾートかも

コハラコーストが終わって東側へ回ります
ハマクワコーストに入ったようです
下の様子は一転
浸食が始まってまもない大地の見本のよう

ほら思い出したでしょう地理の時間(だったか?)
さらに削れたところ

下の方に川
なんとハワイ島は川だらけだと再認識

こちらのコーストは断崖ですね

スマホに100均の広角レンズをかませて緊急処置

28mmでは斜めから撮るしかないです
滝だらけであります

一本の滝に向かっているよう

高さ200mのプナルル滝のそばに着陸
ヘリ以外はアクセスできない貴重
せめて20mmが欲しく

せっかくなのでズームイン

スマホで届け
ゆがみで高さが表現できません

トシさんがヘリ越しに滝をバックに一枚
映っているのは同乗の博多のご夫婦
ヒルトンのコンドで5泊+オアフで5泊ですって

感動とともに出発
よくもちょうど良い広場があったもので
他の滝はだめみたいで

ワイピオ渓谷かと思ったら
一つ手前のワイマヌ渓谷ですって

確かに生活感が無いです

だから中を飛べるのですね
奥はなんとまた滝

これは見た感じ200m以上ありそうですけど

いつかは海辺はビーチになるのかも

こちらがビーチ付きの王家の谷:ワイピオ渓谷

右下がりの線は携行へ降りる25度の車道
ちょうどシートの背中の真ん中あたりが展望台
木に隠れて見えませんね

ヒロ方面へ向かうとき眼下に虹
もしかして未確認360度か

実は先に火山に入るはずが悪天候
でトシさんが順番を入れ替えたのですが
ヒロ・火山方面はまだ雨
ですがだんだん晴れ間が出る空模様とみて南下

雲はだいぶ内陸へ入りましたが
火山は無理です
実はこの奥の方が昨年溶岩吹き出し裂けめらしい

南の海岸
タイチヨーと行くところがあれば
上からと下からでうまい具合になります

地形によって溶岩の流れが変わります
こももオーシャンエントリーだったようで
溶岩を削った道が見えます

燈台があった岬の
はるか先まで溶岩が流れ続け
陸が広がったことになります

昨年は溶岩のせいで参加ツアーも影響がありました
自然の力のすさまじさに驚きながら
給油のためヒロの空港へ向かうそうです

途中でまた虹

今度はまさしく360度です
旋回してくれたのですが
撮影技術が追いつきませんでした

見ているだけで楽しい

ヒロも少し郊外はワイルド

ヒロ湾を離れます

もうやることがなくまっしぐらに帰還

ホテルに戻り夕食の調達に出ますが
その前にキングスショップに行きます
20mm解禁

昨年はVOG(スモッグの火山版)でくもり
撮影不能でしたが今回は気持ちが良いです
まずは20mm

ZERO-D(歪みゼロ)は大げさ12mm
でも楽しいレンズ

明けてすぐ二本立て2019年10月10日 20時02分

リフォーム後の洗面台は
出番待ちの風情となりました

なんとシャワーは先進、バスタブは撤去
外の明かりもさし込んでどういう効果?

少し前ニュースになった
マリオットのグローバル措置
アメニティを大型化し詰め替え式に変更
これでいっきに持ち帰りづらくなりました
(左は比較用の目薬ボトル)

持参のみそ汁でほっこりタイム

一年前とは大違い
USBのジャックが増えました

アラームにも

壁のコンセントにも

数時間の休憩で翌 1:48
ピックアップ直前のロビーは閑散

さすが 1:50分予定の 1分前
ガイドはまさかのトモさん再び
やあやあなつかしいと出発

実は他のホテルを数軒回り
マウナケア山麗(あくまでも山麗)で
心行くまで星空観測を楽しみましたが
不手際で撮影失敗で証拠なしです
あー楽しかった

夜明けを計算して島の東側をめざし
途中まで下ったのですが
どうも天候が宜しくなく
トモさんと我々の判断で断念
コハラコースト側へUターン

途中マウナケア問題でおなじみの
先住民バリケード現場とテント村を通過
直接目にするとショックです

高度を下げていくと陽が射してきたようです
イベントが予定されているので眠気も覚めます

不思議な風景

雲はお薬

車ごと振り返るとマウナケアから朝日

コハラ山には雲

影を自撮りした形ですが狙いは雲

マウナラニ地区へ入ります
マウナラニホテルは昨年8月で廃業ですが
フェアモント・オーキッドとショップスは営業中

散策路は初めて歩きます

人が立って写真に映るオーラの洞窟のわき役

出口から外を見る

昔王族が魚を確保するために使った池

海底二万里に出てくるパンの実
小さいながらどんな味か気になっていました
今はあまり食べなくなったが芋系の味だそうです

ワイルルド感一杯

やっと海が見えました

順番にホテルへ届けて終了
(後日談:日の出なしでトモさん判断、一人4k¥返金)

その後2019年10月09日 19時49分

3月のマウイ島では
十年単位ぶりの天候不順で
やり残し感が残ったものです

中途半端な10月頭ではありますが
溶岩が止まって澄んだ空気が気になったのです

シニア割引で空港リムジンバスを利用
21時台の出発なのに気が早い

実は初のラウンジ利用を企てたわけです

時間が早いと言っても一応
山形牛カレーをシェアして控えたつもり

そそる階段の上が食事専用で下が軽食やドリンク

エレベータの床が板張り

酒飲みには毒なコーナー

つまみやクッキー類も

嵐ジェットが入って来たら
人が集まって来て撮影会場と化しました

こちらただの767-300で初ビジネス

ビジネス用は
一応ノイズキャンセリングヘッドフォーンですが
実は性能がいまいちで音量を上げる必要があり
耳にはあまり良くないと感じます
で、うちはレンタルの
BOSEノイズキャンセリングイヤフォンで快適に

10時半ごろ重たい夕食なので
次回(あれば)は朝の軽食と順番を入れかえるべき

デザートの頃は胃にどかん

ひと寝入りして起きるとマウイ島かな

ハワイ島がくっきりしているのは初めて?

いつものローカル感

入国後は旅行会社の受付後送迎の車へ

視界が開けています

なつかしい風景

昼の12時前後でも早めにチェックイン完了

調達に出ます
画面中央に見慣れない鳥
ボケているので深く追求はしません

溶岩大地は気持ち良く晴れて

初めて訪れた2009年でさえ
ハレマウマウは噴煙を出していたので
今はそのころよりも空気が澄んでいることになります
ということは我々が知り得ない環境?

hale(家という意味)ルームの門を内側から
鍵もないし脇から入れるのは愛嬌か

調達してきたコナの塩野さん(有名)監修のすし
マグロとカンパチマウイとは段違いにおいしい

キワものボルケーノロール

ピリ辛さが火山級ということでしょうか
ごはんがおいしいので問題なし

日付が変わって1:50 ピックアップに向け
早めに休みましょう

いわゆるプランB2019年09月22日 21時58分

また横浜駅付近
 
少し前にツアー会社から連絡あり
「メインの巾着田の彼岸花ですが
 発芽していないので予定変更」

9人はキャンセルで
強行は19人バスの人たちとなりました

説明ビデオではリクライニング禁止ですが
この車種はシートが前にせり出すので
ご自由にリクライニングできます

最終目的地は埼玉方面ですが
気が付けば勝沼あたり

ぶどう農家です

バスも盛況

これは見学のみ

はい到着

説明のとおり初のシャインマスカット
思いのほか甘く堪能

例にもれず30分勝負
種なしで皮もいけるのはありがたい

これもシャインマスカット

甲府市内へまわり昼食
松茸ごはんと

土瓶蒸し&奥の小鉢は餡に沈む餅

キノコ鍋ですがうどんが下に
炭水化物ぜめでご飯は半分残しましょう

食後の睡魔は移動に使い
多摩丘陵森林公園へまっしぐら

見頃のケイトウをよく探しました

12mmは面白いです

なつかしい太陽の光芒が

手前に建物が入らないので
歪みがわかりにくいです

ほんの一部コキアがありますがまだ緑

帰り際
藪の陰に唯一のの彼岸花発見

巾着田は一面の彼岸花になるでしょうか

先の杖2019年09月20日 19時38分

世間はあおりで騒がしいですが
あおられた経験はないので
ドラレコには無縁と思っていました

連れ合いさんのこともあり
まさかに備える意味で
このたびドラレコ導入を決意
消費税増税前はたまたま
(ミラーの前に取り付けられました)

アイサイトとの相性問題で
機種選択に苦労はなかったと負け惜しみ
宝の持ち腐れを希望します

まさかの展開2019年09月10日 20時45分

駐車スペース抽選の時
「昨年一度大雨で濡れた」
というので避けた場所

昼前の帰宅時
突然の豪雨で雨どいのキャパを越えたすさまじさ
こういうことかとなっとく

さて東京湾を通過した台風
就寝中にマンションが揺れて恐ろしかったですね

長年保存林の主と慕われ
住人を見守っていたけやきの巨木の姿
とりあえず通路は使用禁止で

複雑な折れ方で危険ですが
竹林の中なので片付けは後日か

これは出入り口付近なので
数時間で片付け

公園に出ると画像奥の三角コーン
倒木で通行不能(通行人が手を出せない大きさ)
このあと公園課の車が片付けていました

公園の通路と思えない緑一色
あとでブロワーで脇に吹き寄せですね

マンションのヒマラヤ杉が根こそぎ
正面の車道の半車線をふさいでいますので
歩行者は一旦車道にでて迂回するあり様
最優先で切って脇へどける手ですね

たまたまインフラは問題なかったので
のんきにしていますが
停電の地域が一刻も早く回復しますよう

怪談じみた2019年09月07日 21時17分

月一で利用の
ケータリングで有名な店
テイクアウト利用を始めたころから
気が付いていました

呼び出し番号が
機械が出した番号を訂正しています
1年以上前からずーっと解消しません

おまけにシステム時計も違っています
利用日は9月4日の午前11時過ぎ
いったい何んの役に立っている?
もはやホラーの域

ユーザーとしては何の問題もなく